鼻の整形について

注射器

カウンセリングでデザインを相談して決める

鼻の美容整形をする場合には、必ずカウンセリングで医師と細かい意思疎通とシミュレーションを行ってから施術を始めることが好ましいです。デザインも多種多様であり、おまけに施術方法もいくつもあることから、自分自身の鼻の特性に合わせて施術を選ぶ必要があるからです。仙台のクリニックで最も需要が高いのが、シリコンプロテーゼの挿入です。シリコンプロテーゼは鼻筋に挿入することで鼻を高くしたり、ノーズラインを美しく整えたりする効果を期待することができます。ただし、このシリコンプロテーゼというのは一人一人オーダーメイドで作成する必要があるため、細かい微調整が必要になります。そこで、仙台のクリニックでは、シリコンプロテーゼを挿入する美容整形を行う前には、しっかりと患者とのカウンセリングを行って、患者がどのようなことを希望しているのかという点を把握します。患者の希望を確認した上でシリコンプロテーゼを作成することになることから、満足度の高いシリコンプロテーゼに仕上がります。

鼻の整形で気をつけたいことは、あまり無理をしすぎないということです。極端に高い鼻にしたいと言っても、良心的な仙台の美容整形外科クリニックでは、できないことはできないと患者に伝えます。使用するシリコンプロテーゼも安全性の高いI型のものを採用しています。たしかに、L型のシリコンプロテーゼの場合、鼻先を尖らせてスッキリとした鼻に仕上げることができます。しかしながら、L型は角の部分の鼻先に負荷がかかりすぎてしまうため、皮膚が薄くなったり、シリコンプロテーゼが飛び出してしまうリスクが高いと言われています。そのことから、仙台の美容整形外科クリニックではL型のシリコンプロテーゼを使用していません。どうしてもL型のシリコンプロテーゼを使用したいというのであれば、クリニックを転医する必要があります。I型のシリコンプロテーゼであってもデザインを工夫することでより安全に鼻の整形をすることができるようになりました。仙台のクリニックは、より安全な美容整形に力を入れています。

Copyright© 2020 コンプレックスを解消することによって内面も美しくなれることがある All Rights Reserved.