整形手術でエラ削り

目元に触れる人

エラを削って小顔になるための手術

小顔になるためのプチ整形は、ボトックス注射でも可能ですが、限界があるのも事実です。あまりに咬筋を弛緩させてしまうと、今度は副作用が出てしまうということも考えられます。そのため、プチ整形は手軽であっても限度というものがあるということを理解しておく必要があります。プチ整形以上の美容整形の効果を期待するとなると、整形手術を伴うエラ削りが適切です。咬筋を弛緩するだけでは得られない効果を、確実に得ることができるのがエラ削りという整形手術です。エラ削りの手術の場合、エラの骨自体を削る手術を行います。仙台の美容外科クリニックにも依頼が多く、大々的な手術が必要になることもあるのです。手術時間は2時間近くかかるため、簡単な美容整形手術ではありません。仙台のクリニックでも熟練の美容外科医が担当するため、仕上がりを想定しながら手術を実施します。骨を削る必要があることから、手術後には入院が必要な場合もあります。ダウンタイムも長いと1ヶ月近く腫れが引かないこともあります。

骨格を変えることで理想的な小顔や輪郭になることができるため、結果的にプチ整形よりも高い効果が得られることからエラ削りの美容整形は需要が高いです。昨今は小顔ブームであるために、女性誌などでは小顔の特集などがなされていて、小顔に憧れる女性も多いのです。仙台の美容整形外科では、エラ削りや顎削りといったリスクの高い美容整形の相談が多く寄せられており、それだけ関心が高いことが伺えます。エラ削りの場合、美容整形によって骨格を変える手術を行う必要があることから、高い費用がかかります。整形手術の中でも群を抜いて費用が高く、100万円以上は当たり前となっているのです。それでも高い需要があるのには、やはり仕上がりに対する満足度が高い事が考えられるのです。仙台の美容外科クリニックでは、エラ削りの場合には100万円から200万円近くの手術費用を要します。事前にしっかりとカウンセリングを行い、手術日は予約で決めます。当日は万全の体制で手術に臨むことができるように配慮をしています。

Copyright© 2020 コンプレックスを解消することによって内面も美しくなれることがある All Rights Reserved.