シワやたるみの改善

手術室

費用は高いが超音波でエイジングケア

ゴルゴラインや顔全体のたるみの治療に適していて、注目されているのが高密度焦点式超音波によるエイジングケアです。今までは皮下に糸を張り巡らせてリフトアップする方法が一番効果的であると考えられていましたが、それを上回る効果を期待できるのが高密度焦点式超音波による治療です。この治療法は仙台の美容整形外科でも採用しており、特徴としては、メスを入れる必要がなく、部位によってカートリッジを付け替えることで適切なショットを打ち込むことができます。超音波を集中させて皮膚の深部にある表在性筋膜層に照射させることで、筋膜が収縮し、皮膚の表面にハリをもたらすことを可能にします。また、高密度焦点式超音波を用いれば、今までは施術が難しいとされていた部分にもエイジングケアができるようになったのです。例えば、首や目の下、それに二重顎もカートジッジを使い分けることで治療ができます。仙台の美容整形外科でも実施している高密度焦点式超音波によるエイジングケアは、費用がとても高いです。

高密度焦点式超音波を用いたエイジングケアは、画期的な美容整形の一つであり、ハイレベルな美容医療として高い注目を集めています。仙台の美容整形外科クリニックでも積極的に採用していて、患者の施術に対する満足度がとても高いのが特徴です。ただし、この高密度焦点式超音波によるエイジングケアについては、他のエイジングケアとは比べ物にならないほど費用が高額だということを述べておく必要があります。ショット数によって費用が変わるのではなく、施術する部位によって費用が加算されています。例えば、仙台の美容整形外科クリニックは、顔全体、こめかみ、そして首といったふうに部位によって施術費用が決まっています。複数の箇所をエイジングケアをする場合にはそれだけ費用がかかるので、100万円近くかかることも想定できます。しかし、費用は高くても効果が優れているため、患者からの評判はとても良いです。また、美容整形手術を必要としないため、ダウンタイムも殆どなく、日常生活に影響しません。

Copyright© 2020 コンプレックスを解消することによって内面も美しくなれることがある All Rights Reserved.